S&P500は早く買っておいた方がいいよ

米国株投資

結局上がっているんだよ

米国の一般的な指数であるS&P500。

米国経済は強いから、早めに買っておいた方がよい。これが経験談。

論より証拠。

2019年1月のイーマクシススリムS&P500を5万円購入。購入口数は51,177口。

時は過ぎ、2021年4月のイーマクシススリムS&P500を5万円購入。購入口数32,529口。

こんな感じで、イーマクシススリムS&P500の購入口数が全然違う。

1口の価値が上がっていると言うこと。

ということは、早く買って、放置プレイをした方が、ガチ勝者ということになるんだね。

大名言

フォローしているYouTuber 川田さん。

下記の動画で、「S&P500かNASDAQ100を買っている時点で資産形成は終了している。」

と、大名言を喰らわしている。16分あたりから名言炸裂。

結論はそういうこと。

指数だけではつまらない。もっと刺激的に遊びたいのであれば、自分で予算枠を決めて遊べばいいんじゃない。

資産が大きくなると、これからの人生楽になるよ。

正しい米国株投資をしていると、自然と資産は大きくなっていく。

正しい米国株投資とは、インデックス投資。S&P500やNASDAQ100連動指数のことね。

そうするとだよ。老後の心配なんかしなくなるから。

そして、一つの職場に固執しなくてもいいし、自由な生き方を実現できる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました