S&P500が驚きの絶好調

米国株投資

積立NISAの運用状況

2020年は積立NISAを選択し、S&P500連動投資信託を買いました。

商品はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

これを毎月33,333円買い続けました。

現在の運用状況はこんな感じです。

40万円(正確には399,996円)

が、607,294円となっていますから、1.5倍になっています。

購入してから、1年半くらいでこの状態。今年の下落相場を踏まえても、この状態は大満足です。

積立NISAの非課税期間は20年。

40万円がどうなっているのか。答え合わせは20年後の2039年。

安定感バツグン

今年の米国株は下落しています。

S&P500も下落していますが、QQQほどは大きくはありません。

YAHOO FINANCE

QQQほど下げない理由はこれですね。

FINVIZ

調子がいいエネルギーセクターやヘルスケアセクターなどもバランスよく配分されているからですね。

ここ1年で見ると、

YAHOO FINANCE

昨年の今頃からQQQが大きく上げ始めましたが、今年に入ってからの下落相場では、QQQが大きく下げています。

下落幅は倍くらいですね。

よく上げる株は、よく下げるということですね。

ここ2年でも見ても同じような感じです。

YAHOO FINANCE

QQQは大きく上げましたが、大きく下げもしています。

S&P%00は、QQQと比較して、値動きがマイルド。

保有しやすいということですね。

各セクターに分散されていて、米国の代表する企業で構成されていることは安心感がS&P500にはあります。

積立NISAの20年後の答え合わせ。

S&P500の過去20年のチャートから見れば、やらない手はないですね。

YAHOO FINANCE

コメント

タイトルとURLをコピーしました