FIRE早期退職を目指し始めてから生まれた意外な副次効果

FIRE早期退職

目指し始めて3年が経過

FIRE早期退職を目指して3年が経過しました。

目指し始めた頃の資産額は1,700万円くらいでした。

全てを円預金で運用していました。

運用をしたとしても、円定期預金に預けるくらい。

ほとんど利息が付かず、運用なんてはいえない状態でした。

離婚に伴い決意

私は奥さんとその親族に子供を誘拐され、親権を失いました。子供とはほとんど会えなくなり、そして、離婚成立前は婚姻費用、今は養育費を毎月支払っています。

このような自分は職場ではとても稀な存在でした。

職場では、離婚している人はおらず、ましてや、自分の子供を失った人はいません。

とても、生きづらく感じ、職場の人との会話も苦しくなったことがFIRE早期退職を目指す要因でもあります。

また、自分が不在にしている間に、奥さんとその親族に子供を誘拐され、家具家財、預貯金通帳も奪われましたが、家裁では、このことは問題として取り上げてくれません。

家裁は、子供と一緒に住んでいる親が親権者になること。そして、子供と別居を強制され、子供と会えなくされた上に、婚姻費用という金銭も支払うという考えられないアンフェアな進行をされたこと。

これにより、職場で仕事をすることに支障が出たことですね。

頭の中は悩みなどの葛藤で一杯一杯になり、仕事に集中できなくり、ミスを多く出したんですね。

現在は、相当軽減はされましたが。

資産額が大きくなるにつれて

FIREを目指し始めた約3年前の資産額は1,700万円。

現在の資産額は、4,773万円。

3年で3,000万円増やすことができました。

これができたのは、実子誘拐被害以降、友人関係や職場付き合いなどはほとんどなくなり、結果的には出費が抑えられたこと(←まぁ当時は外出も苦痛でしたからどのみち引き篭り状態です)。

それと米国株投資に出会えたこと。

この2点でしょうか。

職場での心境の変化

もう少しで準富裕層入りができそうです。

それなりに資産額も大きくなり始めてくれました。

最近自分でも気がつく職場での変化が、「残業はしない」「残業は断る」「できない仕事は断る」「上司にも遠慮なく意見する」。

これができるようになったんですね。

要は職場での評価などは気にしなくなったんですね。

「いつやめてもいいです」そのくらいに思っているから、これができているんだと思います。

これができるようになってからは、以前よりは職場いる苦痛はだいぶ和らぎました。

まぁ、実子誘拐被害後が酷すぎたのかもしれませんが(苦笑)。

個人的には良い副次効果が出ている感じですね。

とはいえ、いつでも退職届を提出できるよう、職場PCには退職届を保存しています。

この退職届は、提出日と退職日を記入してハンコを押すだけにしています。

多様な存在が許容される環境で、余生を穏やかに過ごしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました