生きがいのないFIREはただの仕事からの逃避

FIRE早期退職

今年のGWは10連休可能

5月2日(月)6日(金)も休みが取れた人は、今年のGW10連休です。

すごいですね。10連休。超大型連休です。

今年のような超大型連休10連休にできるGWの年は、11年後の2033年だそうです。

参考記事↓

GW「10連休」は、どんな人?“谷間の平日”働く人の本音…次の10連休チャンスは11年後
 2日は、カレンダー上は平日でしたが、観光地には休みを取って7連休、10連休を楽しむ人たちでにぎわいました。 ■「10連休です」どんな人?  青空が映える、真っ白な砂浜。2日、和歌山県の白浜には、青春を謳歌する20代カップルの姿がありました。  兵庫県から来たカップル:「めっちゃキレイで。勢いで来たら、めっちゃ良...

私は5月6日(金)お休みしました。

やろうとすれば、5月2日(月)も休んで10連休にもできたのですが、今年の目標は残業ゼロなので、やめました。

とはいえ、6連休中です。

6連休もできているのは、いつ以来か記憶ないくらいですね。

そして、今日は6連休最終日です。

今の感想としては、時間に余裕がある生活はやはり素晴らしいです。

フルタイムのサラリーマンをしていると、毎日が慌ただしく過ぎているように感じていますから、そう思ってしまいますね。

完全FIREしたらどうなるか

完全FIREした場合、毎日が休日となってしまいます。

毎日です。毎日。毎日が日曜日です。

6連休のような限定日程ではありません。

完全FIREして、海外旅行などをしながら、趣味などを謳歌する。

これには、とても大きな資産が必要です。個人的には無理っぽいですね。

FIRE後の生き方をよく考えなければと思っていたところ、

PRESIDENT Online にFIRE関連の記事が掲載されていました。

夢の早期退職「日暮れまで缶ビールを空けずにどう過ごすかが悩み」というFIREの末路 お金はあるが、やりたいことはない (2ページ目)
現役時代の自由時間と、普通の老後に待っている自由時間はどちらが長いでしょうか。現役時代、平日3時間、週末に12時間の自由時間があるとします。年金生活に入ってからは毎日が12時間の自由時間です。22歳から65…

記事には「生きがいのないFIREはただの仕事からの逃避」が書かれていました。

個人的にはドンピシャリ。

ブラック企業やらで心身ともに耐えられないなどであれば、仕方ないです。

自分の健康が第一ですから。自分の身は守るべきです。

しかし、私は違います。今年になってから残業ゼロ継続中です。

この6連休、FIRE後のことを考えるいい機会になりました。

上記の記事のように、日暮までに缶ビールを空けずにどう過ごすかが至上命題になってはいけませんから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました