5年先の未来もハイテク化が進んでいく

米国株投資

JOEさんのYouTubeでARK社のキャッシーさんBig Ideas2021の動画を視聴した。

2025年のEV車の価格

2025年にEV車の価格がガソリン車の価格を下回る見立てで、その下回る理由はバッテリー価格の低下に伴うもの。

米国におけるバッテリーの開発がこの5年くらいで加速度的に進んでいくんでしょう。

米国であれば、やりそうですね。あと中国も。

TSLA、NIO、XPEV、などが今後も株価が伸びていきそう。

2025年の車の販売台数のうち、半分がEV車になる見立てだそうで、自動運転技術も相当早いペースで進んでいく。

オートメーションロボットの普及

米国において、

1万人の労働者に対して、20台のオートメーションロボットが配置。

5年後は10倍になる見立て、

1万人の労働者に対して、200台のオートメーションロボットが配置。

人がしている仕事がロボットに置き換えられていくことになる。

ドンドン進んでいくハイテク化。

人がすることになる仕事は様変わりするようで、例えば、家事(掃除、洗濯、料理、買い物)などが人がする仕事として賃金が支払われるようなると予測されています。

フードデリバリーにおいては、人が配達していますが、これがドローンに置き換えられるよう。

買っておくべきはハイテクセクター

個人的には QQQ、VGTを買っていれば、OK。

少し分散を考えて、VTI、VOOも買っておけば、寝て起きると、資産が増えるという嬉しい現象が続くかもしれない。

日本で働いて得たお金を、米国市場に投じていけば、誰でにお金持ちになれると思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました