45歳独身男の生活費

FIRE早期退職

4月の生活費

私の4月生活費については次のとおりです。

  • 食費        37,734円
  • 通信費        5,115円
  • サブスク       2,410円
  • 家賃        42,330円
  • 電気代        9,455円
  • 水道代           ー円(4月は請求なし月)
  • 日用雑貨品       820円
  • ふるさと納税    25,000円
  • 合計       122,864円

1ヶ月の生活費は10万円かからない

4月の支払いのうち、ふるさと納税の25,000円支払いを除けば、1ヶ月の生活費は10万円かかりません。

ふるさと納税で支払った額は、来年度の住民税控除額となりますから、いずれ自分に還元されるものです。

支出内容

・食費

 私は外食をほとんどしません。平日の昼食600円くらいで外で定食を食べているくらいです。

 平日でも朝食と夕食は自炊しています。自炊といっても、とても簡単なものですが。

・通信費

 SIM 658円 ポケットWi-Fi 4,457円

・サブスク

 カーシェア 1,100円 YouTubePremium 1,180円 iCloud 130円

コロナで遊興費削減

コロナの影響で、友人らとの飲み会がほとんどなくなってきました。

4月もコロナ陽性者高止まりもあり、開催しませんでした。

私の年代だと、家族持ちや高齢となった親と同居している友人がほとんどです。

なので、友人との飲み会などは、なんとなく気が引けますね。

友人とその家族に、万が一でも迷惑かけてしまうことは本心ではありませんので、もうしばらくは我慢しようと思います。

資産形成を始めた効果

株式投資による資産形成を始めてから、不要と感じる支出は自然と見直しを始めていました。

一番大きな見直しは、車と家賃ですね。

車は、仙台街中に住んでいれば不要に感じました。カーシェア利用できるし、公共交通機関も十分ありますので、不便ありませんから、車は売却しました。

家賃も自分にとって必要な立地条件範囲と間取りなど考えたら、もっと条件がいい物件があったので、引っ越しました。

これは支出には関係ありませんが、テレビは捨てました。YouTubeで十分です。テレビがなくなったお陰で、部屋が広く使えています。

不要なものは捨てる。自分が価値を感じるものだけにする。

私の場合、価値を感じる米国株に投資額が必然と増えていく感じですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました