2022年3月末 資産保有状況

FIRE早期退職

2022年3月末 資産保有状況

AMZN        5株   200万円(+ 69.32%)

TSLA       28株   372万円(+198.17%)

VGT       454株  2,314万円(+ 79.05%)

QQQ       508株  2,256万円(+ 60.36%)

S&P500投信          92万円(+ 20.04%)特定口座

S&P500投信          67万円(+ 68.24%)2020年積立NISA

QQQ投信           140万円(+ 16.95%)2021年NISA 

QQQ投信            32万円(+  8.32%)2022年NISA  

合計 5,473万円

▲70万円

2021年1月1日時点の資産額は、5,543万円。

年初と比較して、▲70万円 ▲1.3%

資産額が元に戻る

主力のQQQとVGTが現時点でも、年初来▲9% にも関わらず、資産額がほぼ年初に戻った。

FINVIZ

理由は、そうです。円安です。

米株界隈や日本のNEWSで取り上げられていますが、ここ最近、円安が急速に進みました。

Yahoo Finance

3月から急速に円安が進みましたので、米国株投資をしている人たちの資産額は、株価が戻らんのに資産額が回復していく現象が起きていましたね。

ドル円はこれまでも上下を繰り返していますから、いずれまた落ち着いてくると思いますが、米国株が資産のほとんどを占める私のような者には、円安は歓迎です。

米国株の買い増しは、分配金再投資だけなので、僅かですから、円をドルに変える機会は少ないです。

株価は戻らなくとも、円安で資産額が回復する。

米株投資は色々と経験させてもらえるので楽しいです。

日本の預貯金オンリー資産形成は、もうとてもできないです。やる気もしないですね。

資産形成の視点からもですが、とてもつまらない。資産形成継続には刺激も必要な件。

コメント

タイトルとURLをコピーしました