高配当ETFであれば〇〇〇一択

米国株を始めた理由として、高配当目的で始めた人も多いと思います。

そして、高配当ETFで日本でよく知られているのは、次の3つです。

 

1 Vanguard High Dividend Yield Index Fund ETF Shares (VYM)

2 iShares Core High Dividend ETF (HDV)

3 SPDR Portfolio S&P 500 High Dividend ETF (SPYD)

 

米国株投資をしている人なら言わずもがなの高配当ETFですね。

配当と株価をそれぞれ見てみましょう。

 

【配当】20.11.8現在 Yahoofinance

VYM3.62%  HDV4.4%  SPYD5.56%

配当が一番高いのは、SPYD。

 

【株価】

年初来チャート

一番戻りが良いのはVYMですね。次にHDV。そしてSPYD。

 

SPYDについては、過去記事にしていますので、ここでの記載は割愛。

 

VYMがHDVよりも株価の戻しが良い理由は構成銘柄とセクター比率によるものですね。

(VYM)

構成銘柄数413    

トップ10

 

(HDV)

構成銘柄数74

トップ10

 

セクター比率

(VYM)

 

HDV

 

エネルギーセクターの不調は続いていますから、足を引っ張っているのは、これですね。

配当が高いと言うことは、株価の伸びが望めないことの証左です。

配当イノチ。株価が下落しようが、低迷しようが、株式市場から退場しないで居られる方であれば、HDVやSPYDで良いのでしょう。

配当を期待しつつも、株価の伸びもないと株式市場に居られないの方は、VYMになるんでしょうね。

銘柄数も多く、分散が効いているのは保有するのに安心感があります。

なので、個人的にはVYM一択。

以前、私はVYMを保有していましたが、構成銘柄と株価の伸びが腑に落ちたので、保有することにストレスはあまり感じませんでした。逆にSPYDは株価下落と軟調に握力がすぐ尽きてしまいました。

VYMで配当金を多くしたいのであれば、資金力が必要になる。難点とすればこれですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました