離婚物件売却体験記~その4~

離婚体験談

販売価格を決定し、我が自宅の販売が開始しました。

インターネット掲載

販売方法については、その不動産会社のHPに掲載されます。

そして、不動産売買サイトにも掲載されていました。

また、売主から不動産売却の仲介を依頼された不動産会社は、売主の利益を確保するため、国指定のデータベース指定流通機構(レインズ)に物件情報を登録し、不動産業界全体で情報共有し、できるだけ早く買主が見つかるようにしなければならないそうです。

早速の内覧希望

販売開始をして1週間で2組の内覧希望をいただきました。

不動産会社からその2組の御家族の状況を伺ったところ、

家族構成については、夫婦と子供。子供は幼稚園から小学生くらいの年齢幅。

子育て真っ最中の方々で、手狭になった賃貸からの住み替えらしい。

内覧日を調整し、決定。

内覧日を迎えた。

内覧当日

不動産会社の営業マンが内覧する1組目の御家族を連れて来た。

私の物件担当営業マンは都合がつかず、代打の営業マンで私にとっては初顔。30代くらいの営業マン

内覧御家族は、3人家族。夫婦とお子さん。

内覧方法は、まずは自宅内を自由に見てもらう。売り主の私がいると気を遣うかもしれないので、私は外の庭で待機。

自宅内をシッカリ見ていただいた後に、私に対する質問や確認事項があれば、聞いてもらう。

こんな感じで進めました。

御家族からの質問は、自宅の仕様などのほか、御近所にどのような人がいるのかを聞かれました。

御近所さんについても気になるところですよね。自宅を買うリスクに御近所さんがあります。変な人がいたら大変ですから。

初顔の営業マンあなたも?

内覧を終え、御家族が帰ってすぐに、初顔営業マンが私の自宅に慌てて戻ってきた。

 

初顔営業マン

「内覧御家族は購入を前向きに検討しています。」

「物件の引き渡し時期はいつになるのか確認したいとのことです。御家族はすぐにでも引っ越したいそうですが、いかがですか?」

 

white

「私の物件担当の営業マン課長さんと営業マン部下さんにも説明してましたが、聞いていませんか?」

「私、離婚したんです。離婚に伴う売却です。」

「引っ越し先の賃貸物件が見つかりしだい、すぐに引き渡しします。」

 

初顔営業マン

「あっ、そーねんですね。失礼しました、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

「whiteさん。実はですが、私もバツイチなんですよ。20代のときですが、今は再婚しています。」

「whiteさんもすぐに再婚されるかもしれませんよ。🧐」

 

white

担当の営業マン課長バツイチ。営業マン部下もバツイチ。そして今日来た初顔営業マンもバツイチだと、、、、、、、、、、、

 

 

 

 

 

「君たち!!!!!!!!!!」

「嘘をつけ!!!!!!!!!」

※実際言ってません。心の中で叫びました😭

 

 

 

 

不動産会社の営業マンのリップサービスに気付くも、1組目の内覧が無事終了。

翌日の2組目の内覧を待つことにした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました