離婚物件売却体験記~その5~

離婚体験談

不動産会社の営業マンのバツイチリップサービスに打ちひしがれながら、2組目の御家族の内覧日を迎えた。

住み替え理由

2組目の御家族も夫婦と小さいお子さん。

住み替え理由は、賃貸が手狭になったためとマイホーム購入をそもそも考えていたとのこと。

この理由は鉄板ですね。

お子さんも増えるかもしれないですし、そのたびに転居するのも大変ですからね。

内覧御家族からの質問

内覧御家族からの質問は、

1 家の仕様について

 旦那さんは、断熱材などの構造系の質問。

 奥さんは、食洗器の使い勝手や庭の手入れなどの質問。

2 ご近所さんについて

 端的に言うと、変な人はいませんか?という質問。

この二つの質問にありのまま答えました。

とかく、2御近所さんについては、私が家族と早々に別居となったため、私の方が、御近所さんに気を遣わせてしまっていたことも説明しました。

内覧は無難に終了。しかし、、、、、

2組の内覧が無難に終わり、とりあえず購入の申し込みを待つことにしました。

特に1組目の御家族は購入意欲があるようだったので、もしかしたら、1月も経たずに売却が成立するかもしれない。

期待をしながら待っていましたが、不動産会社からは連絡はなし。

また、不動産会社からは新規の問い合わせはあるものの、内覧までは至らないとのことで、しばらくは売却は難しいかもしれない雲行きに。

できれば、早く売却したい。時間が過ぎれば売却価格にも影響するかもしれない。

インターネットに掲載してから1月が過ぎる頃、

新たに2組の御家族の内覧が入った。

しかし、この内覧でも意外な出来事が起きてしまう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました