まだまだ固定費は削減できる

雑記あれこれ

賃貸契約時に必須の借家人賠償保険

賃貸住宅に入居している人は、入居時に借家人賠償保険の加入が条件になると思います。

私は賃貸住まい5年目になりますが、保険料が安くて、手続きもネットで簡単に手続きできる日新火災の「お部屋を借りるときの保険」に加入しています。

家財保険 お部屋を借りるとき の保険 公式ホームページ | 賃貸住宅入居者向けの保険 | 日新火災海上保険株式会社
賃貸住宅向けの家財保険が4,000円から。インターネットで簡単申込み。東京海上グループの日新火災がお届けする家財保険の決定版!損害保険初のグッドデザイン賞受賞「お部屋を借りるときの保険」公式サイト

保険料は、1年で 4,000円〜

安いです。

私が加入しているのは、最低保険料の4,000円です。

補償対象となる家財の保険金額を上げれば、保険料は上がります。

  • 保険金額 100万円  保険料 4,000円
  •      200万円      5,000円
  •      300万円      6,000円
  •      400万円      7,000円

こんな感じになります。

私はミニマルな生活してますので、保険金額は最低ランクで契約しています。

日新火災の良いところは、保険料が安く、分かりやすいところですが、

ネットで契約変更、解約が簡単にできますし、保険内容(いわゆる保険証書的なもの)もDLできますので、簡単便利です。

保険期間更新もクレカ決済で自動でしてくれます。

仲介業者が勧める保険は高い

一度、仲介業者が勧める保険に加入したことがありましたが、1年単位で見ると1万円を超えていました。

仲介業者は加入させたいため、安全安心、補償が手厚い、不測の事態の怖さ、などを説明してきますが、補償内容をよく確認したら、自分には必要以上の補償内容でした。

コストも下げられて、手間もかからず、シンプルで分かりやすく、補償も必要十分である日新火災の「お部屋を借りるときの保険」は一考の価値ありだと思います。

固定費削減に繋げることができると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました