自己紹介「 労働者から脱出するためFIRE目指しています 」

自己紹介

昭和51年生まれの宮城県仙台市在住のサラリーマンです。

私は就職氷河期世代ですから、就職するのにとても苦労しました。

高校を卒業して一度就職しましたが、夜勤が多い仕事だったので就業継続困難となり1年で退職。

その後、何とか就職できて、その仕事を現在まで20年以上続けています。

現在の年収700万円ほど。

自分の経歴からすれば、年収には不満はありませんが、ここ数年、60歳までサラリーマンを続けることに疑問が感じ始めています。

疑問に感じている理由は、「残業する人が評価される」「長時間労働が黙認される」「仕事の生産性の低さ」「効率性の低さ」このようなことからです。

加えて、過重労働により、出勤困難になった人に組織というものは冷たいものです。

私は、週5日40時間労働するだけ精一杯です。

この上、残業すると、毎日が疲弊してしまいます。

生活することが楽しくなくなるということです。

今の職場環境が変わることはないでしょうし、私には変えることもできないです。

仕事をこれから先も続けることに悩んでいたところ、

FIRE「Financial Independence, Retire Early」という言葉に出会いました。

経済的な自立(Financial Independence)と早期リタイア(Retire Early)することですね。

労働者として疲弊していた私には、これほどの魅力的に感じる言葉はありませんでした。

経済的自立を果たすために、資産を大きくするためには、何をすべきか考えた結果、米国株投資に辿り着きました。

当初は、高配当株投資をしましたが、自分には合わず1年ほどで挫折。

その後、米国株インデックス投資に切り替えて、うまくいくようになりました。

概ね、順調に資産を大きくなってきています。

現在、投資している主な米国インデックスは次の2つです。

  • QQQ (Invesco QQQ Trust Series 1)
  • VGT ( Vanguard Information Technology Index Fund ETF)

それぞれに1,200万円を投じています。

私はこれからも米国ハイテクが世界を牽引していくと考えていますので、上記二つのインデックスに投資しています。

米国株投資で資産額が7,000万円を超えたら、退職することにしています。

年リターン10%想定にしています。高く見ていると思われるかもしれませんが、これでいいと思っています。

私は有名な4%ルールは考えていません。

自分が天に召される時には、資産は綺麗になくなっていることが理想なので、資産額が目減りしても構いからです。

2023年までには7,000万円までに資産を増やすことが目標です。

2021年9月末時点での資産額は4,700万円。

2021年の目標資産額は、5,000万円にしています。

この目標に向かい、毎月15万円の積立投資と配当金再投資を続けています。

FIRE早期退職を実現するためには、米国株にフルインベストメント。これが答えだと思っています。

ちなみに、私は一度結婚し、子供を授かりましたが、離婚しました。

日本で横行している実子誘拐という被害に遭ってしまいました。

別居離婚により悩んでいる方々を応援します。

私も別居離婚でとても悩んでいる時期が長くありましたが、「明けない夜はない」と言うこと実感し始めています。

それと、Apple製品が大好きです。

iMac、iPhone12、iPhone7、Apple Watch6、iPad9、Apple PencilなどAppleヘビーユーザです。

共感していただける方、ブログ読者登録、Twitterフォローやイイネもお願いします。

とても励みになります😆

ブログコメント、TwitterDMもお待ちしております。

2021.10.10更新

コメント

  1. あきふく より:

    いつも楽しく読ませてもらっております。

    ツイッターのフォローをしたいのですが、ブログ上に表記されてますでしょうか?

  2. あきふく より:

    こんにちは

タイトルとURLをコピーしました