米ハイテクセクター株を2年保有した結果

FIRE早期退職

VGT

バンガード社 米国情報技術セクターETF ティッカー【VGT】

米国のハイテクセクターに特化したETFですね。

1月末現在の構成銘柄トップ10

引用元

この10銘柄で全体の60%。

NVDAがVとMAを抜き去り、しばらくは安定的に3位に君臨するようですね。

2年で1.5倍

VGTを購入したのは、2年前の2020年1月から2月。

395株 取得単価 257ドル  総額 101,515ドル 日本円で1,100万円

購入後、すぐにコロナショックが発生して、株価急落。すぐに含み損を抱えることになりましたが、そこから空前の金融緩和などで株価は上昇に転じました。

現在の株価は 398ドル

2年で1.5倍になりました。

yahoo finance

VOOと比較してみた

仮にコロナショック前にVOOを買った場合と比較してみた。

yahoo finance

現時点ではVGTが勝ってますね。

やはりコロナショック後の上昇が際立ちます。

逆に、今年になってからの下落度合いが強いですね。VOOも下落していますが、VGTに比べれば穏やかに見えるくらいです。

各セクターに分散されている差がこのような局面で出るんでしょうね。長期積立であればVOO、VTI、VTが安心。メンタルの安定に繋がりますね。

今後はVGT分配金再投資のみしか購入はしません。とにかくホールドだけを続けます。

最低10年ホールドすると決めています。

米ハイテクがこれからも伸び続けるか。はたまた頭打ちとなり伸び悩むか。

私の50歳代が豊かに送れるかどうか。

10年後を楽しみに待ちます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました