無印iPad(第9世代)半年使用して分かったメリットデメリット

APPLE関連

2021年9月

2021年9月に発売された無印iPad(第9世代)を購入して、半年が経ちました。

半年使用して感じた、無印iPad(第9世代)のメリットデメリットを紹介します。

メリット

メリットは次の3つです。

  • 価格
  • Apple Pencil対応
  • 抜群のサイズ感

【価格】

まず価格ですが、iPadの中ではコスパ最強です。

無印iPad(第9世代)WiFi64GB  39,800円

Apple公式サイト で他のモデルと比較するとこんな感じです。

https://www.apple.com/jp/ipad/compare/

最近発売されたiPad Air(第5世代)でも74,800円からなので、価格差35,000円。

iPad Pro12.9インチ(第5世代)にあっては129,800円からなので、とても手を出せないです。

無印iPad(第9世代)の価格はとても魅力に感じるところです。

【Apple Pencil対応】

無印iPadはApple Pencil(第1世代)対応しています。

Airでなくても、Proでなくても、Apple Pencilは使えます。

iPadの魅力は、ノートアプリで書き込みなどができるところだと思いますから、Apple Pencil対応は必須です。

【抜群のサイズ感】

10.2インチのサイズは持ち運びに持ってこいのサイズ感です。

外に持ち運びたくなるくらいのサイズ感。

また、動画を視聴していても、十分な大きさですし、ノートアプリに書き込むときも不便を感じていません。

快適に使い続けることができるサイズ感です。

デメリット

デメリットは次の2つです。

  • スピーカー
  • Apple Pencil

【スピーカー】

まずスピーカーですが、無印iPadは片側からしか音が出ません。

横置きにして、音を出すと、片側からしか音が聞こえず、最初は不自然に感じると思います。

AirとProは両側から音が出たりするので、自然に聞こえます。ヨドバシでProの音を聞いてみたのですが、音がとても良かったです。

片側音声だけに慣れるのには少し時間がかかると思います。

【Apple Pencil】

メリットでApple Pencilを挙げておきながら、なんだと思うかもしれませんが、これはApple Pencilの世代の違いからです。

無印iPadはApple Pencil(第1世代)に対応していますが、(第2世代)に対応していません。

(第2世代)の使い心地は良いです。具体には、

まず、握り心地です。

(第1世代)は、丸型でツルツルしているので、少し握りづらいです。

逆に(第2世代)は、くぼみがあり、マッド感があるので、握りやすいです。

また、(第2世代)はペン機能と消しゴム機能がApple Pencilダブルタップするだけで機能が切り替わりますが、(第1世代)これができません。

(第1世代)は画面上のペン機能と消しゴム機能のボタンをタップしないといけません。

加えて、AirとProの画面は書き込みやすいディスプレイ設計になっていますから、書き心地もiPadよりワンランク上。

やれることは一緒

とはいえ、やれることは一緒です。

無印iPadはApple Pencilも使えますし、音声も当然に出ます。

快適さが違うだけですので、この価格差を踏まえれば、個人的には無印iPad一択です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました