株価急落。でも気にしない理由

9月になったとたん、株価が急落しました。

S&P500、8月から9月

過去の例から見て、9月10月は相場が荒れる傾向にあるらしく、

定説通り、急落したようですが、急落した理由が全然分からない。

なので、もしかしたらアルゴによるものかもしれないね。

コロナショックで2月から急落して、3月に大底を付けた。

S&P500、3月9月チャート

見ての通り、それなりの調整があろうにも上昇を続けている。

イマ起きている急落も、これまであった「それなりの調整」として見ていいんだと思う。

長期保有している銘柄であれば、意に介さず、これまでとおり相場を楽しめばいいだけ。

短期保有と決め込んだいた銘柄があるのであれば、相場を見ながら、売るしかないのだろうけど、

あえてイマスグ売る理由がないのであれば、あたふたせず、じっくりと。

ただし、生活資金までも投資するという、究極極限フルインベストメントの方は、生きていく生活を大事にしましょう。

株価急落しても、気にしていません。

理由は、イマは金融相場だから。

そして、その金融相場は始まったばかり。上昇相場は始まったばっかり。

イマ全下りする奴はセンス無いって、プロがそう言ってたよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました