日本で結婚するのは超リスキー。しかし、時代を変えるには今しかない。

離婚体験談

日本は稀な単独親権を採用。そして、

世界各国が共同親権を採用している中、日本は世界的にも稀な単独親権を採用している。

単独親権を採用しているのは、インドとトルコだけだった。(←法務省調査から)

親でありながらも、離婚となると、子供の親権者としての立場を、夫婦いずれかがはく奪されることになる。

離婚の際に、どちらが親であるかの判断は、子供がどちらと一緒に住んでいるかどうか。これだけで、家庭裁判所は判断する。

そのため、夫婦のいずれかの子供の親が、無断で子供を一方的に連れ去り、親権を取りに来る。

世界的にもこの超異常な行為が、日本では横行しているけど、家庭裁判所らは問題として取り上げない。逆に子供と同居している事実を親権者の決定事項として取り扱う。

親権を失うと、次のような現実が待ち構えている。

日本で結婚して子供を授かることは超リスキー。これをよく理解しておいてください。

法律を変えないと現状は変わらない

家庭裁判所は法律が変わらないと、判断を変えない。

共同親権にして、離婚後も子供の親権者の立場がないと、子供を養育することはできない。

学校や役所などは、実の親であっても、親権者でない以上、態度はあかの他人扱い。経験上こうです。

親権者が子供のことに関し、親権を失った別居親に寛容性がないと、子供が生きているかも分からないまま、毎月養育費を送金し続けることになっちゃう。

このことを解決しようとしても、解決する手段はありません、家庭裁判所は現状のままの扱いとするはずです。もしかしたら、現状よりもひどい判断をしてくるかもしれません。

変えるのは今しかない。

今年になってから、離婚後の共同親権等について、法務大臣は法制審に諮問した。

今年になってから、著名人 元棋士 橋本崇載が実名公表して、声を上げている。

子供を配偶者に誘拐された親は相当にいると個人的に思っている。

でも、なかなか言いずらいことだし、恥ずかしいと思うことだし、泣き寝入りしてしまいそうなことだしで、表面化していないと思っている。

実子誘拐された親御さん、ぜひ声を上げましょう。みんなで声をあげましょう。

どんな形でもいいです。SNSでもいいし、匿名だってかまわない。

声を上げなければ、表面化していかない。問題視されない。黙認され続けていく。

私は元奥さんに子供を誘拐されたのは、約8年前のこと。

この8年間。単独親権、実子誘拐などの離婚問題はなんの進捗がなかった。

ただし、今回は違う。条件が揃い始めている。

政府もこのままでは国際的にも国会答弁的にももたないと思っているはず。でも、日本は現状維持が基本。変化を嫌う。

法令なりを変える場合は、第3者機関に検討させて、答申させて、このような答申だったのでと。変える理由を作りたいんじゃない。理屈を作りたいんだよ。

法制審の審議が始まります。実子誘拐された親御さん、自分らができることをやっていきましょ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました