恐怖の個別株

米国株投資

DOCU決算❌

12月3日(金)明朝 DOCUの決算発表

第3四半期 EPSと売上💮 ガイダンスすべて❌

  • EPS        予想0.46ドル   結果0.58ドル
  • 売上高       予想5.31億ドル  結果5.45億ドル
  • 売上高成長率    前年同期比+42.4%
  • 第4四半期売上高  予想5.74億ドル  結果5.57~5.63億ドル
  • 2021年通年売上高 予想20.9億ドル  結果20.83~20.89億ドル

これを受け、アフターで30%を超える下落。

しかし、昨夜に場が開けてみると、40%を超える下落。

一晩で半値近くまで売り込まれる。

恐怖の個別株。そんな感じでしょうか。

DOCU売りました

昨夜、成り行き売り。154.95ドルで約定。

買値は187.62ドル。

100万円分買ったのが、80万円になったので、20万円の損金を出しました。

売った理由

DOCUを売った理由は次の3つ。

  • ガイダンスが❌であること
  • 金利上昇に弱いこと
  • コロナ銘柄であったこと

今回のDOCU決算は個人的にはここまで暴落するほどのものではないと思っていますが、DOCU系のコロナ銘柄は少しでもミスするとコテンパンにやられるんですね。

来年は利上げがされる見通しである中で、ガイダンスでは❌はいただけない。

DOCUは金利が上昇すると素直に下落するんですね。

DOCU来年はとても厳しい年になりそう。

もしかしたら株価が回復するかもしれませんが、同じコロナ銘柄のZMの株価を見て、売りを決めました。

ZMは2020年コロナショック以降、爆上がりして2020年10月に550ドルを超えた後、良い決算を出そうが下落。現在最高値の半値以下。

2020年勢いがコロナ銘柄はこの傾向になる可能性があるんじゃないですかね。

改めて、私のような者にはインデックスが一番。

コメント

タイトルとURLをコピーしました