家賃を下げてみたら幸福度が上がった件。

FIRE早期退職

FIRE目指すために

米国株の投資額を増やすために、家賃が安い物件に昨年引っ越しをしました。

固定費の中で家賃は支出の大きな部分を占めています。家賃を下げれば投資に回せる金額が増えるこということですね。

でも、家賃を下げるということは、今住んでいるところより、住環境がダウングレードするということです。

住むところは、条件の良いところがいいに決まっています。

しかし、どうしてもFIREしたい。労働者から脱出したい。と思ったので、心情としては、止むを得ない選択でした。

家賃4割削減

自分が考える最低条件で物件を探しまくっていたところ、それなりに合った物件が見つかり、早速不動産会社に連絡をして、物件内覧をし、すぐに契約をしました。

現賃貸よりも家賃が4割削減することができたので、投資に回せるお金が増えました。

でも、心配していたこともあります。

安い賃貸のデメリット

安い賃貸のデメリットとして、隣人とのトラブルを心配していました。

特に騒音トラブルですね。

物件を内覧した時に、駐輪場を見ると、いかにも大学生らしい原付バイクと自転車が多くありました。

おそらく学生が多く入居しているようなんですね。

そうだとすると、夜な夜な大騒ぎをされそうな気がしていたのです。

でも、実際に住んでみると、そうではありませんでした。

たまに友人らがきて、声が聞こえる時はありますが、毎週ではないですね。

今のところ、隣人に恵まれているのかもしれません。

私が住んでいる間は、今の隣人も引っ越すことなく、ぜひ、そのままであってほしいものです。

FIRE後の見通しが明るくなった

家賃を低く抑えられたら、FIREした後の見通しが明るくなりました。

FIREしても、生活できる見通しになったということですね。

毎月の支出がグッと抑えられるので、気持ちも楽なものです。

この環境は個人的に最強です。

家賃を低く抑えられてからというもの、幸福度が上がりました。

これに加えて、車も手放しました。

車を保有しなくなると、投資に回せるお金を上乗せできるとともに、物を持たないことの身軽さも実感できますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました