子供に会えるだろうか

離婚体験談

コロナワクチン接種予約できた

7月17日(土)に仙台駅東口にある大規模接種センターの接種予約受付があり、何とか予約できた。

8月末までには2回目も接種終了する。

コロナ禍である以上は面会は難しい

コロナ禍だから。その理由で面交が拒否されています。

コロナが発生した昨年3月から子供とは会えていません。1年半以上が経過。

私は仙台市。東北では一番の繁華街もあるから、警戒する気持ちにも配慮すべきだとは思うのですが、適切な予防対策をした上で、面交実施すれば、阻害することはないと思っています。

が、しかし、離婚した親と面会させてコロナ感染した。なんてなことは嫌なんでしょうね。

でもね、子供が別居を余儀なくされた親と交流する。これは必要なことだと思いますから、やはり面交は感染対策を実施して行われるべきだと。

子供と会えることは無理だろう

もし感染したら、ご近所らになんとも説明がつかない。

世間体をとても気にする相手方らはそう思っているんだろうから。

子供と同居する側が、子供のことにかかるハンドルを握る。

ハンドルを握るのはいいんだけど、子の視点でハンドルを握ってもらえれば何も異論なし。

大人の世間体などはなしにして欲しいですね。

忠誠葛藤に苛まれる、声にすることができない子供の声に耳を傾けてほしいですね。

日本が早く、実子誘拐、単独親権の時代を終わらせ。

共同親権、共同養育、フレンドリーペアレント、が当たり前の世の中になって欲しいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました