リターンを得たいから私は分散を犠牲にしてみた

FIRE早期退職

米国情報技術セクターに1,300万円投資

バンガード社の米国情報技術セクター

Vanguard Information Technology ETF

ティッカー VGT

に、1,300万円ほど投資しています。

現在の運用状況はこんな感じです。

1,300万円が1.6倍になり、現在2,105万円。

VGTに投資を始めたきっかけ

VGTに投資を始めたきっかけは、

  • これまで好調であること
  • これから先もハイテクは伸びていくと考えたこと
  • セクターETFでも個人的に長期保有可能だと考えたこと

そして、私は投資を始めるのが遅かったですから、若い人たちのように、時間を完全に見方にすることができません。

そうなると、何かを犠牲にして、少しでも大きなリターンを得られるようにしないといけません。

ということで、私は分散を犠牲することにして、VGTに投資することにしました。

バンガード社のHPでは、VGTのリスクポテンシャルは5段階中の5。

リスクポテンシャル5は次のように説明されています。

株価の非常に広い変動の影響を受けます。これらのファンドは、長期的な投資視野(10年以上)を持つ投資家に適している可能性があります。

バンガード社HP抜粋(和訳) https://investor.vanguard.com/etf/profile/vgt 

VGTに投資を始めたのは2年前くらいですが、仮にVOOに投資していた場合と比較してみるとこんな感じになります。

Yahoo Finance

今のところは、VGTで正解。今のところはです。

個別株より楽

特定のセクターですが、個別株より楽です。

個別株は次のことをしなければなりません。

  • 銘柄選定
  • 決算分析

そして、米国の昼夜は、日本とは逆です。

深夜の売り買いは、サラリーマンには辛い。辛いと長続きしません。

投資は継続することが一番。市場に居続けることが重要であるとも言われています。

自分自身が納得できる、腑に落ちる、継続できる投資をすることが良いですね。

私はこれを見るたびに納得しています。

VGT構成銘柄 上位10

https://investor.vanguard.com/etf/profile/portfolio/VGT/quarter-end-holdings

コメント

タイトルとURLをコピーしました