友達がとても減った件。

日本の働き方

気がつくと友達が減っていた

過去のNHKニュースでこんな記事を見つけました。

私、35歳 友だち減ってない? | NHKニュース
【NHK】「30代になると急に友達減ったなぁと思うこの現象なに?」記者自身も密かに悩んでいた“友人減少問題”。真剣に考えてみました…

記事抜粋。

18歳から29歳までの女性では「親しい友人と接触している頻度」が週1回以上というケースが67%です。

それが30代に入ると一気に減って44%、40代は45%となっていました。

NHK NEWS UP 私、35歳 友だち減ってない?

記事内ではグラフでも説明されていますが、年齢を重ねるごとに友人と接する頻度が減少していきます。

上記のニュースは女性のデータではありますが、私もこれまでの人生を振り返ってみると、10代から20代は友人らと会うことが多かったですが、年齢を重ねるごとに、友人と会う機会は減っていきましたし、友人と疎遠になり、気がつけば友人の数も減っていました。

10代20代の若い頃は、独身が多かったですし、共通する趣味もありましたから、必然的に一緒にいる機会が多かったということですね。

30代から激減した

30歳になる頃には友人のほとんどが結婚していきました。

子供を授かる友人もいて、子育てをしながら、仕事をするという、とても多忙で充実した日々を過ごしている友人が多かったです。

私もそうでした。

子供と同じ世代の親御さんとは話も合いますから、新しい友人もでき始めます。

順調にいけば、このまま子供の成長とともに、パパ友などもできていたと思いますが、

私の場合は、別居離婚を経験したことにより、パパ友さんとも会うこともなくなってしまいました。

加えて実子誘拐離婚という、人様にはとても話ができないような離婚をしたので、私自身が塞ぎ込んでしまい、なおのこと、友人とは疎遠になっていきました。

これにより、30代から友人と会うことは激減していきました。

これから増えることはない

これから友人が増えることはないと思います。

理由は、個人的に友人を増やそうと思ってはいないからということと、いわゆる親友と思える人だけでいいと思っているからです。

友人については、広く浅い付き合いではなく、狭くてもいいので、深い付き合いができる人だけでもいいと思っているからですね。

仮に友人を増やそうとしたとしても、私の年代はまだまだ子育て中が多いですから、共通する話題が少ないので、無理でしょうね。

ちなみに、みなさん小さい頃に歌ったであろう「友達100人できるかな?」これ覚えています?

この刷り込みがあったのかどうかは分かりませんが、友人は多い方が良いと無意識的に感じているのかもしれないですね。

この歌を否定する訳ではなく、友人が多いことが悪い言っているわけもはなくですが、無理してまでも増やす必要はないのかなと。

自分が自然体で一緒に居れらる友人、何でも話せる友人がいれば、それはそれでいいのだろうと思います。

私がそうですから、自分を肯定しておきますw

コメント

タイトルとURLをコピーしました