別居後のお困り事~職場編⑥~

離婚体験談

別居になってから、職場のみんなには周知の事実として知れ渡り、しばらくした頃、

職場の人と二人で車で出張しました。


その職場の人は、奥さんがいて、子供を授かり、自宅を新築して、1BOXファミリーカーを新車で購入するなど、順風満帆の家庭生活を送っていました。


一方、私と言えば、奥さんがいたけど、子供も授かったけど、自宅を新築したけど、家庭崩壊し、新築一戸建ての自宅に独り暮らし。

家庭生活を築くうえで、職場の人とは、途中までは一緒だったけれども、自宅を新築した後は、天国と地獄くらいの差となっていた。


そんな職場の人と車で出張。

車の中は密室のようなものですから、普段言えないこと、聞けないことはしやすい環境にあるわけです。

もしかしたら、別居話を聞かれるかもなぁ。そんなことを一応の思っていました。

その職場の人は、私より少し年下。

性格はサバサバしているので、早々に聞いてくるかもと思っていたら、早速、斬り込んできた。

 

職場人

「ちなみに、whiteさん、今は独身ですか?」

 

white

「まだ独身ではないんだよ。もう少し時間かかるかもね。」
 

職場人

「ちなみに、お子さんとは会えてんですか?」

 

white

「1~2月に1回くらいかなぁ。なかなか難しくてね。」

 

と、こんな会話をしていると、車内は重い空気に。

でも、これは想定内。いつものこと。慣れたものです。

しかし、職場の人からの次の質問で車内は凍り付く。

 

職場人

「ちなみに奥さんとお子さんは近くに住んでるんですか?」

 

white

「それが遠いんだよ。県外。〇〇県〇〇町。」

 

職場人
「エッ!うちの奥さんと同じじゃないですか!なんか聞いたことあります。子連れで実家に帰ってきた人がいるって!」

 

white

「ガーーーーーーーーーーーーーーン」
 

「いや、、、、、、、もうこの話題はやめようね、、、、、、」

 

会話終了。

チーン。

 

職場に別居を知られる発端も、子供の幼稚園ネタ。whiteの子供の幼稚園名を言ったら、職場の人の親戚と同じ幼稚園で、何組かを聞かれてしまい、別居していることを自ら自供。

世の中は狭い。

この一件以降、職場の人には別居話について口を閉ざすようになっていく。

↓幼稚園名事件↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました