別居後のお困り事~御近所付き合い編①~

離婚体験談

自宅は注文住宅一戸建て。間取りや断熱材などの細かな仕様にも十分考え抜きました。

土地も立地条件に拘り、駅チカ、学校チカ、商業施設チカの土地を購入しました。

自宅建設前の地鎮祭に合わせて、御近所さんに御挨拶を家族で行いました。

御近所さん、みな優しい方々。

私と同じ年代で子供も同じ年代が多い。

自宅が無事完成し、御近所さんとの関係も良好。

御近所さんからは、自宅の外観などについて、褒めてもらったりもしていました。

そんな順風満帆に見えていた私の家庭でした。

が、しかし、

自宅に入居後、1年で別居開始。

御近所さんからすれば、

「ある日突然、自宅駐車場に車が置かれることがなくなり、日中誰もいなくなって、」

「1年で別居、、、、、、、、」  「いったい、どーいうことだ。」

ほとんどの御近所さんは、新築1年の4LDK注文住宅に一人暮らしをしている私が痛々しく見えていたらしく、誰も声は掛けてきませんでした。

いや、声を掛けないのではなく、

声を掛けることができない。掛ける言葉もない。

そんな状態だったと思います。

しかし、御近所さんには、お世話好きなお婆さんがいて、そんな痛々しい私に声を掛けてきました。

 

お婆さん

「奥さんは???????」

高齢とは思えないほどの、切れ味抜群に切り込んできた。

  

white

「いやぁ~~~~ 実家に帰っています、、、、、、、子供も一緒に、、、、、、、、

 

お婆さん

「、、、、、、、、、、、、、、、、、あらぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、、、、

 

会話終了、

チーン、

  

 

別居後、御近所さんに気を遣わせてしまうような、超絶マイノリティーな存在になってしまい、

自宅で生活していることが、精神的に厳しい毎日がスタートする。

が、しかし、

別居後のお困り事は、自宅の御近所付き合いだけでは終わらなかった。

続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました