個別株で大損

米国株投資

私は個別株はやりません。

昨年、ある個別株で大ヤケドしたから。もうやりません。個別株。

14万円の損金

昨年はギャンブル枠を設けて、投資。というか投機だね。

早くFIRE早期退職したかったから、爆益を狙うために、やってみた。

予算額200万円。

このすべてを、ワクチン株にブチ込み。

〇 BNTX 100万円

〇 EBS   80万円

〇 VXRT 20万円

このうち、BNTXとEBSは儲けたものの、

VXRTが大損こいた。

20万円分買って、6万円で損切り。

14万円も損出しした。

サラリーマンの14万円は大きい。

失点はない方が良い

個別株はその個人の資質によるところが大きい。

決算や今後の見通し、そして、日本が就寝している時間帯でも、市場で勝ち続けるチカラ。

普通のサラリーマンはETFが一番。失点がない。

買うタイミングを考えなくていいし、下落しても、売らなくてもいいし。だって、いずれ戻すからね。

ただし、個別株はそうはいかない。

決算悪けりゃ、即刻売らないといけないし、最近なんかは、決算が良くても株価下落するし。

市場の地合いも読まなくてもいけないし。

結論

普通のサラリーマンはETF一択。

株の集合体は、そん中のどれかが決算悪くても、そん中のどれかが決算良くて、バランスが取れたりする。

威勢のいい株は、ETF内の比重が大きくなり、調子が悪い株は、比重が下がるか、除外されていく。

市場なんて、株価なんて、誰も読めないんだから、悩む必要なし。

個別株やるんであれば、自分が許容する範囲の最低限度ですりゃいい。

私も、TSLA、AMZN、DOCUを各100万円くらい投資しているけど、この株を買ったのは、長期で伸びるだろうし、自分が好きな銘柄であるから。

よほど、決算が悪く、見通しが悪くならない限りは、ホールドを続けられる銘柄。

銘柄に惚れてはいけない。でも、その銘柄が好きでないと、握力は続かないから。

まぁ、趣味の範囲くらいの考え方でいいんじゃね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました