今注目の投資信託

株式指数は沢山ありますが、一番有名なのはS&P500指数です。

これに指数連動の投資信託は複数あります。

例えば、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)やSBI・バンガード・S&P500などです。

これらの信託報酬(手数料)は0.1%もしません。ただし、その他の手数料として、0.6%くらいは上乗せされます。これは事前に明示できない費用だそうです。詳しくは、ネットで検索してみてください。情報沢山あります。

それにしても、円で買えて、買い付け手数料無料、売却手数料無料なわけですから、簡単楽ちんです。

コロナショック前の投資信託は、S&P500指数一択と思っていたんですが、コロナショック後はS&P500があまり元気がないです。コロナショック前の株価に戻せていない。

コロナ前までに戻せていないのは、S&P500はしっかりと分散されているからですね。

セクター別に見ると、

コロナショック後は、ハイテクが絶好調です。リモートワーク銘柄なんてはそれですね。S&P500でハイテクは約3割。一番多いセクターですが、

コロナショック後、元気がない金融、消費財、生活必需品、エネルギーなども含まれています。このあたりが足を引っ張っているのでしょう。

であれば、ハイテク重視の指数連動を買っちゃえばいいです。

今注目されているの Invesco QQQ Trust(QQQ)

米国NASDAQに上場する企業で、金融企業を除いた時価総額上位100銘柄の時価総額を加重平均した指数です。ハイテクが約6割を占めており、上位の銘柄は、

GAFAMのほか、イマ爆謄中のテスラも入っています。QQQはイケイケな感じ、ファッショナブルな感じですね。ここ6月のチャートは

コロナ前の株価を取り戻し、さらに高値を更新中。

これから先も、ハイテクが伸びると思うのは自然なことです。ハイテク重視で投資したい人には合うんじゃないですか。

なので、QQQは今人気があります。

QQQは、投資信託でも買えます。iFreeNEXT NASDAQ100インデックス。

QQQ人気のお陰で注目投資信託です。

ただし、信託報酬がちょっと高い。0.495%で、これにその他の手数料がかかるので、0.554%になるようです。S&P500投資信託の約3.5倍。ここをどう考えるかですね。

ハイテク重視で分散も少し狭めてもOKで、信託報酬も受け入れることができるのであれば、QQQ投資信託でもOKですね。

とにかく早く株を買いましょう。早く投資しましょう。

みんなでお金持ちになりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました