今年もS&P500はプラスで終わる

米国株投資

なんでかんで、昨年もプラスで終わったS&P500。

今年もプラスで終わるようだ。

今年のS&P500の勝率81%

その年の1Qにおいて、S&P500が5%以上のプラスで終わると、

81%の確率で、その年はプラスで終わるとのこと。

フォローしているYouTube川田重信さんから借用。

動画は2分過ぎあたりから。

長期保有であればS&P500が無難

昨年のコロナショック後から、ハイテク系の爆上がりして、年末にワクチンショックでオールドエコノミーが買われるローションが起きた。

S&P500を持っていれば、その中で動いていくれるから、メンタルが楽。あっちがやられてるときは、こっちが上げて、自分が売り買いしなくとも、バランスが取られる。

QQQはそうはいかない。ハイテク比重大きいし、セクタローテーション起きると軟調、下落鏡面を迎えてしまう。でも、まぁ、QQQはいずれ戻すと思うけどね。ハイテクの未来を信じている人であれば、握力を強くしてホールドできると思うよ。

オールドエコノミーのエネルギー株なんかはオレは買う気しない。買えない。なので、ETFの中で持てばいい。そしてローテーションに対応できるようにしてけばいい。

S&P500は分散最強。メンタルの安定はハンパない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました