ワクチン2回目終了ー副反応がキツかった件ー

雑記あれこれ

副反応は高熱でした

仙台駅東口の大規模接種センターで2回目のコロナワクチン接種を終えました。

1回目は接種した箇所の痛みが、2日程度続いたくらいで、その他の副反応的なものはなし。

2回目は副反応が出やすいらしく、職場の人も、2回目を終えた後、副反応がきつく、仕事お休みをしていた。

一方で、1回目よりも楽でしたと言う人もいたので、その人よりけりなんでしょうか。

私の場合は、2回目の接種日の夜に39.5度の高熱に襲われました。

こんな高熱になったのは記憶にないくらいですね。

時系列にするとこんな感じ

◯8月19日(木)

 ・10:00  2回目接種完了

 ・21:00  関節痛み、熱っぽいので体温を測ってみると38.3度

 ・23:00  体温39.5度、関節痛み、寒気、倦怠感

◯8月20日(金)

 ・08:00  起床、体温38.5度、関節痛み、寒気、倦怠感が継続

 ・12:00  ロキソニン購入。

         厚労省HPで市販剤ロキソニンなども有効場合有りを見たので購入。

 ・13:00  昼食後にロキソニン服用し睡眠

 ・17:00  解熱を確認、36.6度。しかし、関節痛み、倦怠感が継続

         念のため、本日の入浴を控えた

 ・19:00  夕食、体温36.8度、関節痛み軽減、倦怠感のみ継続。ロキソニン服用

 ・23:00  就寝、体温36.5度、倦怠感のみ

◯8月21日(土)

 ・07:00  起床、体温36.8度、倦怠感消失、完全復活

独り暮らしの人が準備すべきこと

副反応の強弱はそれぞれでしょうが、私のような独り暮らし者は、ある程度準備をしておいた方がいいと思います。

準備物は、

1 食料

2 飲み物

3 解熱等に効く市販剤

この3つですね。

1は、すぐ食べられるものがいいです。高熱などが出た場合、自分で食事を準備することはとてもしんどいですから。

2は、水分補給がとても必要だと思います。寝汗が結構出ていましたから。自分に合った飲み物を準備しておいた方がいいと思います。私はポカリスエットが良かったですね。

3は、厚労省HPに掲載さているので、自分に合った市販剤を準備しておくといいと思います。ロキソニンは第一類医薬品なので、取扱店舗が限られています。

ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬を飲んでもよいですか。|Q&A|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省
ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬で対応いただくことも考えられますが、特に下記のような場合は、主治医や薬剤師にご相談ください。

私にはロキソニンが効果的面でしたね。以前から使用していたということで、安心感信頼感もあったと思います。

何も準備しなかったアタクシ

1回目の副反応が軽かったので、「2回目も大丈夫だろ」と甘く見て、何も準備しませんでした。

準備しなかったツケは、高熱、関節痛、倦怠感の中で、食料と市販薬買い出しのため、外出しなければならなかったことですね。これは、とてもしんどかったですね。

私はロキソニン派だったので、自宅近くのドラックストアに行ったら、「当店舗では取り扱っていません」と説明され、さらに離れた取扱店舗まで行かなくちゃなりませんでした。

ということで、どうやら日本でも3回目接種がリアルにありそうなので、

「すぐに食べられる食料」

「ポカリスエット」

「ロキソニン」

の準備が自分に取っては必須。

コメント

タイトルとURLをコピーしました