レバレッジの怖さ

FIRE早期退職

10%超えの調整局面

年が明けてから米国市場は下落を続けています。

NASDAQ100指数のQQQは10%を超える下落をしています。いわゆる調整と言われる局面ですね。

昨年から個人的によく耳にするレバレッジ投資。

QQQの3倍の値動きを目指しているTQQQは今どうなっているか見てみました。

QQQ、TQQQ、のほか、VOOとVGTにもマークを付けてみました。

【1week】

FINVIZ

その名のとおり、TQQQはQQQの3倍程度の27%下落。

VOOは5%の下落。TQQQを見てからVOOを見ると下げ幅「大したことないんじゃない」と思えてしまいますね。

VGTはQQQと同様に10%程度の下落。

【year to date performance】

FINVIZ

TQQQは31%下落。

VOOは7%の下落。

VGTはQQQと同様に12%程度の下落。

暴落と言われる下落

一般的な指数で30%下落したら暴落と言われるレベルだと思います。

30%の下落は、直近でコロナショックですね。

コロナショックでQQQとVOOは30%程度下落しています。

一般的な指数では、暴落と言われるような下落が、TQQQでは既に起きていることになりますね。

10%程度の下落。このような調整局面は年に数度、普通に起きると思います。

昨年も、「2月から3月」「5月」「9月」に10%程度下落しています。

その度に、TQQQはコロナショックのような暴落が起きていることなるわけですね。

1年に3度の暴落。

レバレッジにチャレンジするには、このようなことに耐えられるかですね。

リスクを大きくとって、大きな利益を狙う。でも、これは投資ではなく、投機ですね。

楽天レバナスはQQQの2倍程度の値動き。個人的に許容できるのは2倍までかもしれないですね。

3倍は上記のとおりキツイですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました