レバレッジに手を出そうと思う件

FIRE早期退職

楽天証券から登場した

楽天証券からNASDAQ100指数×2倍程度のレバレッジ投資信託が登場した。

経費率は0.77%。

これまでも同じような投資信託はありましたが、経費率がトータルで1%を超えるものでしたから、 楽天証券で買えるNASDAQ100指数×2倍程度の投資信託では最安になると思います。

※もし楽天レバナスより経費率が安い投資信託があるのであれば、教えてください。

レバレッジには興味がありましたが、これまで手を出せずにいました。

手を出さなかった理由は、個人的に株はホールドが一番だと思っていますが、レバレッジ商品はボラが高いので、長くホールドできそうになかったからです。

でも、自分が納得できる株であれば、ボラにも耐えられることが最近分かったので、来年のNISA口座はレバレッジ商品を買おうと思っています。

楽天レバナス VS TECL

私はハイテク推しです。

ハイテクの未来を信じています。

なので、ハイテク関連の株は中長期でホールドできます。

個別株は今以上に保有するつもりはありませんから、インデックス一択です。

私のNISA口座は楽天証券です。

楽天証券で買えるハイテク系レバレッジ商品は、次の二つに絞れれます。

  • 楽天レバナス 経費率 0.77%
  • TECL 経費率 0.95%

経費率であれば、楽天レバナスに軍配。

しかし、レバレッジはTECLの方が高いです。

  • 楽天レバナス   NASDAQ100指数×2倍
  • TECL      IXTTR×3倍

TECLは、IXTTR(テクノロジー・セレクト・セクター指数)連動です。

VGTと違う指数ですが、VGT同様にハイテクセクターです。銘柄数がVGTよりも少ないなどの違いがありますが、概ね似通った値動きをしています。

楽天レバナスに軍配

来年のNISA口座は、楽天レバナスに決めました。

おそらく、リターンはTECLの方が大きいと思います。何しろ×3ですから。

しかし、ボラが高くても保有を続けるためには、自分自身がその銘柄に対して、納得していなければなりません。

TECLの構成銘柄数は76くらいです。VGTは350くらいはありますから、随分と構成銘柄数は減ります。

個人的に感じていることは、テスラなどのEV系の台頭が著しいので、ナスダック市場に投資できるNASDAQ100指数の方が持ちやすいと思ったからですね。ハイテクセクターにはテスラなどは含まれませんから。

加えて、投資信託は買いやすいです。買付手数用も無料ですから、なおのことですね。

NASDAQ100指数は5年で4倍近いリターンを叩き出しています。

仮に過去の実績通りにこのリターンを出してくれて、これに×2倍とすると、8倍近いリターン。

NISAで投じた120万円が960万円に化ける可能性もあります。

とっても楽しみな件。

コメント

タイトルとURLをコピーしました