マイノリティーでも全然OK。

離婚体験談

離婚者はマイノリティーな存在。少なくとも私のまわりではそう。

そのような存在であっても全然OK。

そのような環境にならないと生きづらいんだよね。

失点が許されない

働くようになってから感じていることは、仕事は失敗しないように。これが一番優先されているように思える。

新しいことをするのにすんごくすんごく慎重で、石橋を叩いて渡るどころか、石橋を叩きに叩いて叩きすぎて、橋が壊れて渡れなくなっちゃうんですね。時間切れというか、なんというか。

まぁ、NEWSなんか見ていると、失敗やミス的なことは結構激しく追及されてるから、慎重になっちゃうんだろうね。

無責任にチャレンジにするのではなく、一定程度のリスクを考えつつも、アイディアを出しつつ「やってみよう!」は、個人的にはありだと思うけどね。

子供はもっと生きづらいはず

離婚世帯が多くなってきたとはいえ、親が離婚した子供はまだまだ少数なはず。

私の子供もマイノリティーな存在になっているよう。

以前、子供に直接聞いてみたんだよね。親が離婚している人、近くにいるか。

そしたら、自分を含めて2人しかいないと言っていたから。

親が自由な生き方を見てどう思うのか

うちの子供もこうあるべき、みんな一緒などの考え方になっている。

面会交流しているとき、そう思う感じるように思う場面が結構多かったから。

そうだとすると、まわりが両親の元で生活しているのに、自分は片親。そう思っているかもしれない。

これは、まわりを否定などするわけでなく、色んな生き方や、色んな考え方があってよく、それを肯定してみれるようになってもいいんじゃないかと。

別居親である父親が、米国株で資産を大きくして、仕事をやめて、海外移住などをして、自由に生きている姿を見て、子供はどう感じるだろうか。と考えるように私はなったんですね。

いま住んでいる環境が全てではなく、もっと自由であっていいと子供が思ってくれるかもしれない。

えっ?そんなの不要だって?

子供がそんなこと自分には不要。

イマの環境が一番で、日本の生き方で十分だと言ったら、それまでだね。

それで全然OK。

そしたら、私の役割的なものは特になく、元奥さんとその地域の方々の環境に感謝するだけだね。

そして、結局のところ、アタクシは、自分がしたいFIRE早期退職して、悠々自適な生活を続けることもできるようになるんですね。そのうえ、子供が大人になってからも関りを持てるようになってたら、万事OK。

子供に不要と言われたら、潔く退場します。

別居親がやれるのはそんなことくらいしかないんじゃないかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました