インフレ「ピークアウト」か?

FIRE早期退職

2022年7月第3週の資産保有状況

AMZN      100株   157万円(+ 32.94%)

TSLA       28株   279万円(+123.91%)

VGT       456株  2,147万円(+ 65.56%)

QQQ       513株  2,074万円(+ 45.86%)

S&P500投信         122万円(+ 10.00%)特定口座

S&P500投信          64万円(+ 60.66%)2020年積立NISA

QQQ投信           126万円(+  5.53%)2021年NISA 

QQQ投信            70万円(+  0.07%)2022年NISA 

楽天レバナス          42万円(▲ 14.85%)2022年NISA

合計 5,081万円

▲462万円

2021年1月1日時点の資産額は、5,543万円。

年初と比較して、▲462万円 ▲8.3%

インフレピークアウト?

今週は米消費者物価指数[CPI]が発表され、予想を上回りました。

株、インフレ「ピークアウト」か 決算シーズンには不安
14日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前引けは前日比185円(0.70%)高の2万6664円だった。米国のインフレ高進が峠を越えたとの期待が広がるなか、日本株はグロース(成長)株を中心に堅調に推移した。一方、海外発の景気減速懸念はくすぶり続け、決算シーズンを通して物色に影響を与えそうだ。13日発表の6月の米消...

13日発表の6月の米消費者物価指数(CPI)は前月比1.3%上昇、前年同期比では9.1%上昇と市場予想を上回った。

日本経済新聞

6月実績で言えば、インフレ収まらず。

しかし、記事にはこうも書かれています。

市場が見ているのは、CPIに与える影響が大きいエネルギー価格の動向。これが足元では低下傾向だ。大和証券の壁谷洋和チーフグローバルストラテジストは「インフレ圧力はピークアウトしつつある。7月以降のCPI上昇率は落ち着く可能性がある」と話す。米エネルギー情報局(EIA)によると、レギュラーガソリンの全米平均は6月に1ガロン5ドルを上回る週があったが、足元で同4.6ドルまで下がっている。

日本経済新聞

SNSで情報を見ていると、インフレ「ピークアウト」?の発信を見かけます。

市場もそう見ているのでしょうか、13日(水)のCPI発表後、株価は暴落しませんでした。

水曜も木曜も、場が開けて下落から始まるも、引けにかけて株価は戻しました。

昨日にあっては、1%超えのプラス。

インフレ「ピークアウト」するのか

さぁ どうでしょうか。

結果は、来月のCPIで正式に分ります。

インフレはさておき、ドル円が139円に到達しました。

米国インフレ収まらずで、FRBが金利を0.75から1.0にするのではないかとの憶測から、また円安が進みました。

株価は軟調なれども、米国株ホルダーは資産額がじわりと上がる。

円安に加えて、株価が回復してくれると、資産額が回復してくれるので、そうなってほしいですが、

今年はそんな甘くはないですから、期待せず、保有と買い増しを続けるのみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました