インデックスは早めに買っておいた方が良い

米国株投資

VGTが時価評価額が2,000万円を超えた

昨年2月のコロナショックの前にVGT約11万ドルを一気に買い付け。

その後、配当再投資など買い増しを続けてきましたが、今月になって時価評価額が2,000万円を超えた。

平均取得単価は257ドルくらい。現在値が402ドルだから、株価が1.57倍に。

※画像では平均取得単価が79.7608ドルになっていますが、これはSBI証券から楽天証券に株式を移管したものによるものです。移管すると平均取得単価は引き継がれない。

年初来でも巻き返し中

年明けはVOO、VTIに大きく水を空けられていましたが、先月あたりから巻き返し中。

VOO、VTI射程圏内。

今年もハイテクはそれなりに上昇すると思う。昨年のような爆上がりはないにしろ。

VGTを5年ガチホ出来たなら

仮に5年ガチホできていたなら。

4倍近くになっていたことになる。

結論からすると、米国インデックスであれば早く買ってホールドをするのが正解ということになる。

一定程度の資金を持ち合わせているのなら

定期買いは王道です。

でも、一定程度の資金を持ち合わせているのなら、初期投資を多めに一括投資することも有りだと思う。

米国インデックスであればOKだと思う。

VGT、QQQ、VOO、VTIであれば。

初めて一括買いするときは勇気がいると思います。私は緊張して成り行き注文を入れた記憶があります。

でも、それなりの行動をすれば、それなりのリターンがあると言うことですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました