なんで結婚しなきゃいけないのか

雑記あれこれ

芸人・ヒロシさん

日本経済新聞にヒロシさんのソロ感について掲載されていました。

芸人・ヒロシに聞く「ひとりで生きる覚悟」とは
2020年の国勢調査では、シングル(単身)世帯、ひとり暮らしが世帯全体の38.0%を占めた。高齢化が進む中で配偶者との死別や離婚する人が増えているうえ、50歳までに一度も結婚しない人の割合を示す「50歳未婚率」が男性で25.7%、女性で16.4%と、過去最高を記録した。今後、その割合はさらに増えるとみられ、もはや「シン...

ヒロシさんは「結婚しないのか」の問いに、「なんでしなきゃいけないのか」と答えてきたそうです。

また、「時代の変化もあるかもしれないが、自分が結婚したくないのであれば、別に気に病む必要はない」とも言われています。

そうですね。結婚したいと思うのであればすればいいでしょうし、結婚に向けて行動もすればいいでしょうし、結婚したくないと思うのであればしなければいいと思います。

シングル人口増加中

2020年国勢調査結果ではこのようになっています。

2020年の国勢調査では、シングル(単身)世帯、ひとり暮らしが世帯全体の38.0%を占めた。高齢化が進む中で配偶者との死別や離婚する人が増えているうえ、50歳までに一度も結婚しない人の割合を示す「50歳未婚率」が男性で25.7%、女性で16.4%と、過去最高を記録した。今後、その割合はさらに増えるとみられ、もはや「シングル」という生き方はマイノリティーでは無くなりつつある。

しかし、私の身近にはシングルでいる人はあまりいないですね。

結婚し、子供を授かり、自宅を購入し、子育て中。

このケースがほとんどです。

私のように離婚している人は珍しい存在です。

地域性なのか、それとも、私の職場がそのような人達が多いのかは分かりませんが。

アンケート結果

日経新聞では「シングルという生き方」についてアンケートには、

シングルの30代女性からは「経済的余裕があり、体もまだ健康で自由にのびのび生活ができ、旅行やイベントなどに時間を使えてとても楽しく充実している」

これはシングルでいる特権のようなものですね。自由の時間がたくさんあり、自分の好きなことに時間を使える。シングルでいれば、経済的にも余裕は出てくると思いますし。

個人的に共感したのは、次のこと

「万が一何かが起きた際に助けを求める人や場所がない。自分がこの世を去った後の『後始末』も事前にどこまでできるのか心配」(40代男性、シングル)

最近、私が考えていることは、これですね。

仮に病気になり入院するときなんかはフォローしてくれる存在が乏しいですね。私には兄弟がいますが、あまり兄弟に負担を掛けたくないものです。

そして、自分がこの世を去った時、所有物の後始末をどうするのか。

自宅と車は売り払いましたので、大きな物は処分済みですが、自宅の家具などの後始末はまだ決めていないですね。

事前にできることは全てしようとは思いますが、完全には無理のように思っています。

とりあえず、今以上のミニマム生活を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました