じゃあ、いつセクターETFを乗り換えるのか。

米国株投資

しばらくは情報技術セクターが調子がいい時期が続くと思うので、

まだVGTでオッケだと思いますが、

いつまでもハイテクが一番いいはずはないですね。

新しいセクターが出現するかもしれませんし。

自分でこのセクターが来るなんてのもナンセンスですね。まず当たらない。

そんなおバカなことしたら、じっちゃま広瀬隆雄さん的に言えば、「てめぇの愚にも付かねぇ相場観なんか」と、闘魂ビンタものですね。

セクターETFを取り入れて、平均点(S&P500)以上を取りに行くのであれば、

S&P500のセクター順位が変わった時でいいと思いますけどね。

第2位 ヘルスケア 第3位 一般消費財 第4位コミュニケーションサービス

仮に、このセクターが情報技術セクターに代わり、第1位に躍り出たときに、乗り換えればいいんじゃないですかね。

しっかりと順位が入れ替わったのを確認してから、セクターETFを乗り換える。

先回りしたくなる気持ちをありますが、やめておきましょう。おそらくコアな投資部分の入れ替えになるでしょうから、こけちゃうと大やけどしちゃうかもしれません。

個人的にはそう思っています。

ただし、第1位が入れ替わるのは、まだ先のことだと思います。

ハイテク 27.6% に対して ヘルスケア 13.7% 

倍以上の大差をつけているわけですから。

これからもハイテクがまだ米国経済を牽引すると見るのが自然なことですね。

なので、しばらくは VOO+VGT が簡単に平均点以上を取れる方法ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました