【RKT】次の売りタイミングについて

8月20日じっちゃま広瀬隆雄さんYouTubeliveで、【RKT】ロケットカンパニーズが紹介された。

 

 

ロケットカンパニーズはデトロイト本社。住宅ローンの融資を行う会社で、8月6日にIPOしたばかり。

ロケットカンパニーズという名前を聞いたときは、「じっちゃまが宇宙系事業の紹介?」と思ったんですが、

企業名とは全く無関係の住宅ローン融資事業。

30年以上前から事業を展開していて、住宅ローン市場で6.7%のマーケットシェア(首位)を誇っている業界最大手企業。

フルインベストメントしている私は、捻出できる金額は27万円しかありませんでしたが、短期目線で買ってみました。

8月20日のうちに成行注文。約定。

110株 単価23ドル  27万円分

その後、株価はグイグイ上昇。9月2日までに30ドルを超えてみせた。

買い値から1.3倍近くになったので、売ろうかと思ったのですが、

業績はギャンギャンに良いとの情報もあり、ホールドしました。

その結果、現在までのチャートはこんな感じ、

短期目線で買ったのに、まだ上がるであろうと言う、愚にも付かないスケベ心を出した結果、売り時を逃した。

売りは30ドル近辺でしたね、これは短期であればですが。

RKTは長期保有は考えていませんから売ります。

次の売りタイミングは、次の決算ですね。

次の決算発表は11月10日。

決算が✖であれば、即売り。損切。

決算◎であれば、少し株価の推移を見て利確できる株価になれば売り。

決算◎でも株価ヨコヨコっぽいと判断したら売っちゃいます。損切。

売った資金は、DOCUの買い増し資金に回します。

DOCUに投資している金額は85万円なので、100万円くらいまでに投資額を上げようと思っています。

個別株は、100~120万円を目安に投資しています。

DOCUを買い増せば、

現在保有の「DOCU」「TSLA」「ZI」「RPRX」それぞれ100~120万円ずつの投資額に揃えることができます。

個別銘柄については、もう一銘柄追加したい。

候補は「ZM」。

ZMの決算は12月4日ですが、決算前に買ってしまおうと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました