【EBS売却】その戦績について

Emergent BioSolutions Inc. (EBS)

6月10日に単価70ドルで80万円分を買い付けました。

EBSはギャンブル枠で購入だったので、ワクチン開発の動向によって売却することにしていました。

8月には130ドルを超えて、ダブルバガーに変身するのかと思うくらいに株価が上昇。

ところが、10月13日(火)TwitterからEBSのバットニュースが発信された。

 

 

EBSはワクチン製造下請け。ワクチン開発しているJNJとAZNがストップしてしまっては、製造もストップ。

その日の夜、EBSは爆下がりを始める、

EBSはギャンブル枠での購入とプロが発信する情報なので、即売ることにしました。

当日の私は仕事が忙しかったせいか、午後10時前からお眠モードになってしまったため、

市場が開く前に、成行買いを入れて就寝。

 

 

翌朝起床すると、96ドルで約定していました。

ということで、

【EBS戦績】

買い  70ドル 108株  80万円

売り  96ドル 108株 110万円

売却益 30万円 - 税5万5千円 = 24万5千円

買いから売りまでの期間は4月程度の投資。

元本が1.3倍になったので、個人的には十分です。

仮にEBSの直近最高値で売り抜けたとしたら、売却益は50万円を軽く超えていたと思う。

ただし、それは無理だね。その銘柄の天井は誰にも分からないから、気にしてません。

今回のことを経験値として積み上げれば良いだけです。

EBSに投資した80万円が、100万円くらいになったので、

この100万円は次の投資に振り向けます。

投資先は、

QQQ、VGT、ZM、

のいずれかに100万円をぶち込みます。

特にZMは4月から指をくわえてチャートを見てばかりなので、買い場が来れば買いたいですね。

いよいよ来週から10月第4週に突入。10月下旬です。

過去例によれば、下落して底を付ける局面がありますから、チャンスがあれば、躊躇せず、一気にぶち込み太郎です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました