【AMZN】1年間握り続けた結果

米国株投資

2020年2月の好決算を受けて購入

昨年の今頃、高配当株からグロース株に切り替え。

VGTを1,200万円分を一気に購入していました。

VGTには、GAFAMのうち、AAPLとMSFTしか入っていません。

また、VGTは、AAPLとMSFTだけで全体の約35%と大きい割合を占めている。

個人的にはGAFAMのうち、AMZNをポートフォリオに入れたいと思い、2019年Q4の決算が良かったので、2,146ドルで5株購入。

購入後の株価

購入後、すぐにコロナショックが発生し、下落。

買ったとたんに下落かよと、落ち込みましたが、そこから一気に株価が上がり、8月には3,500ドルまで上がりました。

しかし、レイバーディ明けから、株価が下落し、これまでヨコヨコの軟調。

仮に売るのであれば、8月の3,500ドル近辺でしょうが、まぁどこが天井かは誰も分からないからしょうがないですね。

でも、私はAMZNは売らない方針。

AMZNは5年握り続ける

AMZNは5年先を見越して、購入。

これからハイテクはドンドン進んでいくと思うし、AMZNは一般消費財セクターに分類されているものの、個人的にはAMZNはハイテクセクターだと思う。

AMZNは新しい技術をまだ生み出していくだろうし、創業者がCEOについているのも好感した。

一瞬だけ握力が落ちた瞬間があった。それは、今月の決算発表と同時に発表された創業者ジェフ・ベゾスがCEOを退任するNEWS。

でも、次期CEOはAWSをガチンコでやってきた人とのことなので、また握り続けることにしました。

しばらくは、株価軟調かもしれないけど、AMZNは長期ホールドで株価の大きな恩恵を受けることができているので、粘り強く握り続ける。

AMZNはETFを保有するような安心感もある。時価総額もバカデカいしね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました