【黒歴史】たばこ株3兄弟に投資

私が米国株を始めたキッカケは配当金生活をしたいから。

この理由で始めた人、多いかもしれない。

株を買うだけで、定期的に配当金が振り込まれる。チャリーンチャリーン。

夢のような生活です。それがしたくて、配当が高い株式を探すと、

必ず取り上げられるのが、たばこ株。具体に次の3兄弟が出てくる。

1 MO / ALTRIA GROUP INC

2 PM / PHILIP MORRIS

3 BTI / BRITISH AMERICAN

当時も配当利回りは3兄弟とも6%以上。

この3兄弟を2019年3月中旬に買い付け。

買い付け総額は、ナント 600万円!

当時の私はとんでもなくオッカナイことを遂行した。

3兄弟の2019年3月中旬から現在までのパフォーマンスを見てみよう。

買ったとたんに大きく下落。

その後、年末にかけて上昇に転じるも、コロナショックで大撃沈。いまだ回復できず。

このチャートに、QQQを入れてみると、

3兄弟惨敗。チーン。

たばこ株はキャピタルでなく、インカム狙いな訳なので、株価を比較するのは、意味はなさないかもしれないが、

経験してみて、含み損を抱えながら生活するのは、超ストレスフル。

含み損を抱えながら配当金が入金されても、さっぱり嬉しくない。さっぱり楽しくない。

なので、ネットで自分の証券口座を見なくなるという、愚かな逃避行動を始めてまう。

たばこは先細り事業。下落して上昇に転じるのは難しいと考えるのが自然だし、

世界各国でたばこ規制のNEWSが飛び込んでく来るたびに、株価下落。

3兄弟を買い付けてから、2019年の年末に上昇に転じたときに全売却。

MOはマイナス。PFはトントン。BTIはプラスで売却。

戦績は▲10万円てとこ。

高配当株投資を継続している人は、スゴイと思うよ。

才能もしかり、投資に対する考え方もしっかりしてないと継続できないと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました