【離婚調停】わずかな期待が打ち砕かれる

送付元不明の茶封筒を開けると、家庭裁判所から調停期日通知がしたためられていた。

とにかく不安だ。家庭裁判所になんか行ったことがない。

弁護士から家庭裁判所の進行を聞いていたから、なおのこと不安。

ただし、裁判所は公平に裁くところである。そう思っている自分自身がいる。

夫不在の間に、子供、家具家財、預貯金を一方的に連れ去られ持ち去られて、

実の親子が突然会えなくなるなんて、この平和な日本であるわけがない。

別居中でも親が子供を養育できるようになるはずだし、そうのように調整されるはずだ。

と、わずかな期待をどうしても持ってしまっていた。

しかし、そのわずかな期待は最初の離婚調停から打ち砕かれてしまう。

家庭裁判所調停委員会は概ね次のように進められていく。

NO.1 

まずは婚姻費用を決めましょう。奥さんは毎月〇万円が欲しいそうです。これを受けないのであれば、算定表に基づき審判をしてほしいとのことです。どうしますか。

NO.2 

離婚を求められています。離婚に応じますか。応じないのであれば、調停で話し合いを行いますが、合意にならなければ調停不調。その後、どちらかが離婚訴訟提起などの流れになるのでしょうが、それは当事者の問題だから、特に調停委員会は関知せず。

NO.3 

離婚に当たり親権を求めています。これに応じますか。

NO.4 

離婚と親権について奥さんの求めに応じるのであれば、養育費をいくらにするのかを決めます。奥さんは〇万円を求めています。これを受けないのであれば、算定表に基づき審判をしてほしいとのことです。これにも応じますか。

NO.5 

財産分与は取り合えず、〇〇〇万円を求めています。これに応じますか。

NO.6

慰謝料は〇〇〇万円を求めています。これに応じますか。

NO.7

奥さんは子供とお父さんが会うことに反対はしないそうです。なので、

2か月1回3時間を認めても良いそうです。

これに応じますか。

  

  

  

全部応じるわけないだろ。

  

  

 

求めてきているすべてに唖然とする。特にNO.6。

親子が2か月1回3時間。1年間18時間。そんなの応じられるか。

しかし、調停委員会は奥さんの求めの内容に沿って進行していく。

当然、納得できないので、反論を試みるが、もはや負け犬の遠吠えのようだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました