【経験談】株価下落中は買いずらい

9月10月は株価が上下しました。

 

S&P500 9月~現在チャート

 

狙っていた銘柄があり、その銘柄を買おうと思っていた人は、買いタイミングを計りずらいと思う時期だったと思います。

大統領選挙前は株価が底を付けて、年末まで上昇するのが前回の例です。

 

S&P500 2016年9月~12月チャート

 

買うのであれば、イマ頃がタイミングなのかもしれないですね。

でも、高値から10%程度の下落とはいえ、

下落中は、やはり買いずらいですね。大統領選前ですし。whiteのような素人は特にそう思います。

買っては含み損の展開は、精神的にチョイと厳しい。

今年のコロナショックの時に、whiteが買えたのは、一回だけです。

しかも、個別株ではなく、QQQを少しだけ買えただけです。

 

QQQ 3月12日 180ドル 10株 約定

 

その後、QQQは170ドル割れる局面があり、当時はどこまで下がるのかと思ったものです。

が、しかし、底を付けてからはグイグイとチカラ強く上昇。

下落中に上手く買えば、リターンは大きいですが、熟達者じゃないと難しいと思います。

下落中に、狙った銘柄を買うのであれば、少しずつ分けて買うのが買いやすいと感じています。

米国市場は、日本のサラリーマンが寝ている時間に開いている訳ですから、ズット起きていることはできません。

なので、やり方としては、

「狙った銘柄に投じる予算額から」

「いつから、いつまで買う期間を決めて」

「1日当たりの予算額を決めて」

「実行に移す」

これが良いと感じています。

私は基本指値はしません。成行でいきます。理由は株価は読めないからです。

決めたら買っちゃいます。

個人的には、含み損を怖がり、米国株を持たない方がリスクだと考えています。

儲けるのであれば、米国株。

中長期で見て、恩恵を受けることができるのが、米国株。

そう思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました