【経験談】やっぱり個別株は決算が全て~TTD(トレードデスク)の経験から~

今年2月のコロナショック暴落直前に、

The Trade Desk, Inc. (TTD) 

トレードデスクを購入。単価315ドル。総額200万円。

TTDトレードデスクは、DSP広告(デマンドサイドプラットフォーム広告)という広告に注力しています。DSP広告は、広告の費用対効果を上げるためにーザーに最適な広告をシステマティックに選んで配信する広告サービス。

ザックリ言うと、そのサイトに訪れたユーザーの特徴を瞬時に分析。自動的に一番効果が出るであろう広告を表示させるという技術を提供している。こんな感じでしょうか。

これから5Gが整備されてくるし、コネクテッドTVも普及していくだろうから、見通しは明るい。そう思ったのが買った理由。

ところが、購入後、すぐにコロナショックで米国市場が暴落。

TTDトレードデスクも暴落。

コロナショックで広告系は厳しい業績になるだろうと当時は推測。

だって、米国はロックダウンや外出制限がされていて、景気が落ち込むことが、容易に想定されたから。

決算は悪くなるであろうと、早々に撤退を決めた。

決算が発表される前、5月にすべて売却。単価310ドル。

僅かながらに損金を出して、TTDを手放しました。

そしたら、その後、株価がグイグイ上昇。

 

ガーン!!!!

 

TTD 今年1月から現在チャート

 

現在は585ドル。

雰囲気で売って失敗してしまった典型。

持っておけば、もう少しでダブルバガーになっていた銘柄。

前回記事で、決算✖の3M(スリーエム)を買い向かう書きましたが、

 

 

今回は、決算発表前に売って失敗したケース。

買うも、売るも、決算を見てから。

個別株は決算がすべて。これだけで勝てていけそうに思います。

とってもシンプルで分かりやすい方法です。

ここ1年経験して分かったことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました