【支出の最適化】掘り出し物件を見つける方法

支出の最適化するためには、しっかりとその効果を出すためには、

支出の中で一番大きい支出項目を見直す必要があります。

一番大きい支出項目。それは家賃です。

ちなみに最強は実家住まいですが、本記事は賃貸住まいの方が対象です。

家賃というのは、築年数や利便性によって、大きく左右されます。

ゆえに、築浅物件や駅近物件は必然的に高くなります。

このような物件は誰しもが住みたいと思うものです。

しかし、家賃は支出の中で大きな割合を占めるわけですから、支出の最適化をするためは、必ずメスを入れなければならない支出項目です。

ただし、安い物件で防音対策もあまり施されていない物件に住み替えて、隣人の騒音トラブルなんかに巻き込まれ、毎日ストレスを感じながら生活することは、本末転倒です。

日々の生活は大切ですわけですから。

そこで、いわゆる 掘り出し物件 を見つける必要があります。

引っ越しのハイシーズンである3月から4月などに掘り出し物件を見つけることが難しいです。物件の回転が速い時期ですから。

なので、ハイシーズンが落ち着いた、夏から秋くらい(7月から11月)の期間、掘り出し物件に出会う確率が高くなります。

空き物件が出れば、すぐにネットに掲載されます。

恒常的にネット検索して探していくと、結構、お手頃物件に出会えることがあります。

また、空室リスクから、貸主と有利に条件交渉もできる期間でもあります。

敷金、礼金などの交渉に優位性もあります。

私も、夏から秋くらいに、物件をネット検索し続けて、住み替えに至りました。

家賃を3万円節減することができました。

前の物件よりも利便性は少し落ちましたが、年間36万円も節減できたわけですから、あまり得るくらいの効果が有り、大満足しています。

これによって、投資に回せる種銭を増やすことができます。

地道に投資に回せるお金を捻出して、資産の最大化を目指す。

地味ですが、これをコツコツ積み上げると、周りにいるみんなと大きく差がついてしまうものです。

日々の積み上げが大切です。これ超大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました