【支出の最適化】ビール腹もなおります。

支出の中で、減らしずらいもの、

それは、嗜好品。

中毒品とも言えるものです。

具体には、アルコールやタバコなどです。

アルコールであれば、ビールを飲むことが多いかもしれません。

仕事上がりに、ビールをシュパッと飲む。

確かに美味いんです。特にイマの季節はたまりません。

缶ビールでも、低価格な発泡酒も出ていますが、味は、イマイチと感じる人がいるかもしれません。

個人的にはプレモルが大好きでしたが、単価が高い。500ml缶で300円くらい。

毎日飲むと10,000円くらい。

500mlのみですめばいいんですが、酒量というのは年々、増えていくものです。

10,000円くらいでなんか収まらなくなります。

そして、お酒代の増加に比例して、大きくなるのが、お腹。オナカ。

ビールっ腹です。

ベルトの上に腹が乗っかるのはショックな感じですよ。見栄えも良くない。

お酒代と腹囲が悲しく比例していくわけです。

これを解決するのは、お酒をやめることですが、なかなか難しいわけです。

なので、安価で糖質が低い商品に切り替えちゃえばいいんです。

具体な代替品は、焼酎です。

紙パックの焼酎は安価な商品も沢山もあります。また、基本糖質ゼロです。

ドン・キホーテなんかのディスカウントショップ的なとこにいけば、さらに単価を下げることができます。

ビールから焼酎に切り替えるのも、少し時間がかかるかもしれません。ビールの魔力があるからです。

でも、お酒を止めるより、遥かにハードルは低いです。

切り替えに成功すれば、ビール腹も少しずつ改善していくはずです。支出額も抑えることができるはずです。

支出の最適化を徹底して、投資種銭を少しずつ増やしていけば、徐々に資産も大きくなっていくものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました