【弁護士相談】残酷すぎる面会交流の実態

弁護士から子供と親が面会する面会交流。なるものを説明される。

弁護士「お子さんと会うのであれば、面会交流調停を提起するのがいいと思います。」

white「面会交流? なんですかそれ???????」

弁護士「離婚または別居中に、別居親が我が子と会い交流することです。面会交流調停を提起すれば、調停の場が持たれます。」

white「一刻も早く我が子に会いたいですが、面会して交流が目的ではなく、育てたいんです。養育したいんです。」

弁護士「日本は御承知のとおり、単独親権を採用していますから、このつくりになっているようですね。」

white「まだ離婚していないので、共同親権じゃないですか。なんで、こんな理不尽に子供を連れ去られて、親が育てることができないんですか。おかしいですよ。」

弁護士「民法で離婚後に面会して交流と書かれています。離婚前でも面会交流は認められます。」

white「自分の子供と会うことが裁判所に認められる、、、、、、、いったいどういうことなんですか、、、、、、理解に苦しみます、、、、、、」

弁護士「奥さんがwhiteさんにお子さんに積極的に養育してほしいと思っているのであれば、ですが。経験上、私はお見かけしたことは正直ないです。」

white「、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、奥さんはそんなこと思っていないでしょうね。」

弁護士「多くはそうでした。なので、面会交流調停のなかで、なんとか確保できるよう調停委員会を動かしていきたいですね。」

white「私は毎週会いたいです。子供を育てたいです。この状況下で、先生の経験上、どの程度、私は親として、我が子に会えることができるのですか?」

弁護士「奥さんと合意にいたらなければ、概ね、だいたい、、、、、、、、、、」

またしても、日本の信じられない驚愕の現実を淡々と説明される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました