【弁護士相談】日本の面会交流の相場

奥さんと合意に至らない場合、面会交流頻度の相場観を弁護士から説明される。

弁護士「奥さんの主張にもよるでしょうが、互いに合意に至らず、裁判官の判断に委ねる厳しい内容になるかもしれません。」

white「奥さんが、極端な話し、子供と会わせないと主張してきたらどんな感じになるんですか。」

弁護士「ケースにもよりますが、間接的な交流もありえると思います。」

white「間接的な面会交流?、何ですかそれ?」

弁護士「whiteさんがお子さんに手紙を送ったりですとか、whiteさんがお子さんにプレゼントを贈ったりですとか、奥さんがお子さんの写真をwhiteさんに送ったりなどですす。」

white「、、、、、、、、、、、、、、、親子でそれですか。理解できないです。」

弁護士「相手方の主張を踏まえ、裁判官が判断すると、いい結果は難しいと思っています。」

white「合意を得る努力をすべきなんですかね。」

弁護士「私はそう思います。調停委員会を動かすことを考えつつ、奥さんの気持ちを動かすことを考えるべきだと思います。奥さんの葛藤を下げることが必要ですね。」

white「突然子供を連れ去られたうえに、奥さんの葛藤を下げる努力をする、、、、、、、、、、、、、自分にできるかどうか今は分かりません。とにかくストレスフルです。アンフェアなことをされている訳ですから」

弁護士「お気持ちは分かりますが、現実的に考るとですね。厳しい側面はあると思います。ただ、家庭裁判所は基本面会交流を行うことを前提にしています。世情の変化ですね、男性の育児参画の浸透などでしょうか。」

white「奥さんの主張しだいなんですかね。面会交流の頻度は。」

弁護士「どのように主張してくるかでしょう。統計的に月一回が多いようですね」

white「月一回、、、、、、、、、、、、、落胆でしかないです。ちなみに親権は取れませんか。」

弁護士「親権はですね、、、、、、、、、、、、」

弁護士から、日本の単独親権制度について説明を受け、またしても、怒り沸騰してしまう。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました