【危機一髪】KOコカ・コーラ売却

バフェット太郎さんのブログを見て、2019年1月から米国株高配当株投資を開始しました。

ブログを読んで、買い付けた銘柄は、

〇 買ったとたんに株価下落のたばこ株3兄弟【MO、PM、BTI】

〇 落ちるナイフを掴みに行き血みどろになった【MMM】

〇 株価が軟調過ぎて長期保有が耐えられなかった【SPYD】

などです。

どの銘柄も目が当てられない状況でした。

そんな中でしたが、買い付けていた銘柄で、唯一、株価上昇とまずまずの配当を出してくれたのが、

【KO】コカ・コーラです。

バフェット銘柄として有名で、個人的にも長期保有には持って来いだと思い、

毎日、KOの株価を見ていたところ、

2019年2月に2018年4Qの決算発表で、2019年の見通しが悪かったため、株価が約7%下落。

長期保有であれば、買いのチャンスと思い、

2019年3月に、単価46ドル 120万円分を一気に買い付けました。

2019年のKO決算といえば、決算発表のときの悪い見通しとは反対に、

まずまずの決算を出し続けたので、株価は上昇。

この時の株価上昇で感じたのは、自分自身には「配当金受領」よりも「株価上昇」の方が合っていると思ったのです。

KOは、高配当株投資からグロース株投資に切り替えるきっかけをくれました。

なので、保有している高配当系の株は全て売却することにしました。

KOの株価上昇はしていましたが、VGT、QQQ、AMZNが欲しいと思っていたので、

KOも2020年2月5日に売却。

そしたら、売却して数日後、コロナショックで市場が暴落を始める。KOも当然下落。

 

 

当然、コロナショック暴落なんて考えもしていませんでした。

たまたま、高配当株投資からグロース株投資に切り替えるために売っただけですが、ホント救われた感じです。

奇跡、まぐれのレベルですね。

とはいえ、米国株で初めて売却益を出してくれた銘柄です。

KOの戦績はこんな感じです。 

買い  単価46ドル  245株  120万円

売り  単価59ドル  245株  155万円

売却益 35万円  ー 税7万円 = 28万円 

1年間の投資で、これだけの売却益が出れば十分。

米国株のグロース株投資であれば、自分でも資産を大きくできるかもしれない。そう思わせてくれた銘柄です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました